PLA2PLA

お気軽に
ご相談下さい。

プラto製品プラ

Plastic to Plastic で
資源効率を最適化

MIXプラスチックや混合廃棄物に含まれる廃プラスチックからプラスチック製品の原料となるペレット(再生原料)をつくることでPlastic to Plasticを実現します。メーカーは、資源効率を高めるために製品で使用した素材を、もう一度再資源化し、新製品に使うクローズドループリサイクルや新製品の素材に再生プラスチックを使用する取り組みを進めています。

ScrollScroll

Circular Economy

サーキュラーエコノミー
の一翼を担う

消費された資源を廃棄するだけではなく、回収し、再利用する持続可能な資源利用を組み込んだ循環型経済モデルをサーキュラーエコノミーと言いますが、当社は、その中でもプラスチックに焦点を当て、使用されたあと廃棄されていたプラスチックを、新たに再資源化し再度利用するサーキュラーなモデルをメーカーと協力して構築していく事でサーキュラーエコノミーの一翼を担うことを目指しています。

CO2 Emissions

CO2を削減し
気候変動対策に
貢献する

バージン材料のプラスチックに比べ再生材料のプラスチックは、製品の調達、生産、流通、消費、廃棄のライフサイクル全体におけるCO2の排出量が少ない製品です。メーカーの要求品質にあうペレット(再生原料)を製造しその利用を拡大・推進していく事でCO2を大幅に削減し、世界の社会課題である気候変動対策に貢献していきます。

CharacteristicP2Pの特徴

  • 01

    前処理からペレット化そしてコンパウンドまでワンストップ対応

    プラ2プラの設備は、本事業の出資者でもありリサイクル事業者でもある(株)アビヅの工場内に設置させることから、アビヅの既存設備の利用も含め混合廃プラスチックや廃棄物の前処理(破砕や水選別)からペレット製造及びコンパウンドまで一貫したプロセスでペレット製造が可能です。

  • 02

    特殊なフィルタリング技術でペレット化を実現

    今までは、ASR(自動車シュレッダーダスト)、SR(シュレッダーダスト)や混合物(プラや金属、ゴム等が混ざったモノ)に含まれるプラスチックのマテリアルリサイクル(ペレット化)は異物除去が完全にはできないことから大変難しいとされてきました。プラ2プラでは、押し出し機の機構に特殊なフィルタリング技術を導入することで異物除去の課題を克服し、PPの純度が高いペレット化を実現しております。

  • 03

    リサイクル会社とコンパウンド会社のノウハウでメーカーの要求品質に応える

    プラ2プラは、リサイクル会社と廃プラのコンパウンドノウハウを有するプラの再資源化加工会社の合弁で設立されています。廃プラのコンパウンドノウハウを有し数十年の実績を持つ進栄化成(株)のノウハウと押し出し機に廃プラを入れる前段階で、金属やターゲット以外のプラスチック、ゴム等を予め粗選別できるリサイクル会社のノウハウを融合する事で、ASR、SRや混合物からのメーカー要求品質に合わせたペレット化を実現しております。

Top